Vol.22
Share

大きさがちょうどよくて、愛用しています。

モデル多屋 来夢

大きな瞳が印象的な多屋来夢さん。女優の広瀬すずさんがテレビ番組で「美少女すぎる」タレントとして紹介したことでも話題になった来夢さんは、幼少期から芸能活動を開始。現在は雑誌や広告、ファッションショーなどのモデルとして活躍しています。

 

そんな来夢さんの私服は、黒のワンピース。襟のついたガーリーなスタイルを好む来夢さんが、ワンピースに合わせて選んだのは、黒のシュガーキューブでした。

いつも着ている黒のワンピースに合わせて、鞄も黒に

私は普段から荷物が少なくて、小さな鞄を愛用しているんです。そのなかでも、このプラスサイズのシュガーキューブはサイズ感がちょうどよくて、毎回のように使っています。気がつくといつもこれを持ってる、みたいな。入れているのは、お財布とスマホと充電器。それがぴったり収まるサイズなんですよね。

色は黒一択。私服は黒しか着ないんです。小物も黒か白でそろえたい。高校を卒業して、自分で選んだ服を着るようになってからは、もう黒ばっかり。

 

黒色は目立たないところがいいですよね。でもそれを友だちに言ったら、「いつも着ている服、黒いけど派手だから目立つんじゃない」と言われました。たしかにそうかも。

 

黒い服のなかでも特に、ワンピースが好きです。襟元は詰まっているほうがいい。ノースリーブなどは着ません。となると、似たような服ばかり集めてしまう。新しく買った服を着ていくと、「また同じような服買ったね」ってみんなに言われます。自分としては、ここが違う、ここがかわいいっていうのがあるんですけどね。

モデルの仕事をするなかで、服の好みがわかってきた

モデルの仕事ではピンクや白など、黒じゃない服もたくさん着ます。芸能の仕事を始めたのは、小学校1年のとき。きっかけは、地元の百貨店でお母さんと買い物をしていて、スカウトされたことです。

 

CMなどのいろいろなお仕事を経験し、高校生からは雑誌モデルの案件が増えて、この仕事が好きだと思うようになりました。『KERA』では、奇抜な衣装をたくさん着られて楽しかったですね。変わった服を着るなかから、自分の服の好みがわかってきたりして。そのあたりから、黒の襟付きワンピースをよく着るようになりました。

髪色は、今はピンクです。今まで黒か青にしかしたことなくて、ずっとピンクにしてみたかったんですよ。服は黒が好きだけど、髪は派手な色にするのも好きなんです。ピンクは意外と周りの人に好評で、もう1回くらいやってもいいかなと思っています。次にやるなら、もう1回ブリーチして薄いピンク色にしてみたい。

 

家には20体の人形が。1体1体のかわいさをカスタムして引き出す

趣味はドール収集です。ネットで「スーパードルフィー」というお人形を見つけたのがきっかけで、今は、少しフィギュアっぽさもある「ドルフィードリーム」など、全部で20体が家にいます。大きさは40cmから60cmくらい。ウィッグやメイクを自分でカスタムできるのが楽しいんです。

 

服は、メイド服か制服を着せています。メイド服はすごく好きなんですけど、自分で普段着るにはハードルが高い。だから、人形に着てもらってるんです。

 

たまに「ドール系」とか「人形っぽい」とか言われることがあるのですが、本物の人形を愛でている身としては、「どう見てもぜんぜん違うのにな」と違和感を覚えます。もっと人形は完璧なんですよ。インスタに人形の写真を載せると「こわい」と言われちゃうことがあるので、もっとこのかわいさが伝わるといいなと思っています。今後は、人形とコラボした撮影などもしてみたいですね。

 

【多屋来夢さんのバッグ】
シュガーキューブ・Plus・Black

モデル

多屋 来夢さん

1997年、東京出身。スカウトから芸能界に入り、ダイキンの空調機器のCMでデビュー。小学生の頃は『ちゃお』や『なかよし』などで、キッズモデルを務めていた。17歳で「ミスiD2015」を受賞。

高校生になってからは『KERA!』『LARME』『bis』などのファッション雑誌や広告モデルとして活躍。2018年には『non-no』専属モデルとなり、2020年5月に卒業した。現在は個人事務所 NICHT.incで活動し、モデルだけでなくCMやPV出演など幅広く活躍中。